正規仲介手数料の金額はなぜ3%+6万円という中途半端な金額なのか?

【営業時間】9時~19時 【定休日】水曜日(祝日は営業)

正規仲介手数料の金額はなぜ3%+6万円という中途半端な金額なのか?

仲介手数料上限は、宅建業法により金額に応じて定められております。

200万円以下‥‥5%
200万円超から400万円以下‥‥4%
400万円超‥‥3%

例えば2,500万円(税抜)の物件の場合、
200(万円)+200(万円)+2,100(万円)と分けまして、

200万円以下の金額部分‥‥200万円×5%=100,000円
200万円超から400万円以下‥‥200万円×4%=80,000円
400万円超‥‥2,100万円×3%=630,000円
合計、金810,000円(別途消費税)となります。

一方、この計算は下記のように置きかえることができます。

200万円以下の金額部分‥‥200万円×5%=200万円×3%+40,000円
200万円超から400万円以下‥‥200万円×4%=200万円×3%+20,000円
400万円超‥‥2,100万円×3%

つまり、2,500万円の物件の仲介手数料は、
2,500万円×3%+60,000円となります。

すなわち、400万円以上の物件に関して<3%+60,000(円)>として計算できることになり、速算式とよばれております。

通常のお取引きにおいては、価格400万円以上の物件が圧倒的に多いため、
各不動産会社とも便利な速算式を当たり前のように利用しています。

上記金額に消費税8%を加えたもの、
810,000+64,800=874,800円、こちらが実際の正規仲介手数料上限金額になります。
ページの先頭へ