価格交渉はできますか?|【仲介手数料無料】(株)そうかのお住まい|草加市・八潮市・越谷市の新築一戸建て

【営業時間】9時~19時 【定休日】水曜日

価格交渉はできますか?

当社は「高すぎる仲介手数料をお安くする」「お客様に少しでもお得にお住まいをご購入頂く」、という志からスタート致しました。
その意味からも「価格交渉」は「仲介手手数料無料」と同じくらい大切なことです。
結論から申しますと、「価格交渉」は全力で行わせて頂きます。

具体的には「指値(さしね)」という手法を使います。
(ただ「下がりますか?」と聞いたところで、本気で答えてくれる売主さんは…残念ながらいらっしゃいません…)

「指値」とは、「80万円引いてくれたら買います!」「100万円引いてくれたら購入します」と、売主に対して明確な購入意志表示をして、実際に価格を引いてもらう、あるいは譲歩を引き出すことです。

売主様宛ての「購入申込書」にはっきりと指値後の金額(例:2,780万円の物件に対して、2,700万円)を記入して、当社が価格交渉という「闘い」の場(真剣勝負というニュアンスです)に臨みます。
お申込みの前に、あらかじめ住宅ローン事前審査の承認を取っておき、売主様を安心させると同時に、強い意志を持って、誠心誠意のお話しをさせて頂きます。

建売会社さんは金額の大小こそありますが、ある程度のお客様からの値引き要請を見込んでいるケースも多いのです(売主様も売れないことにはどうしようもありません)。
例えば、「端数切り」(2,780万円の物件に対して、80万円)です。
それでお客様がご納得されて、気持ちよくご契約がまとまれば「それで良し」(売主様にとっても)と考えているのです。
当社はその値引き幅のぎりぎりの最大限を目指します。
(数百万等の過度な値引き要請はおすすめ致しません。よその方に売ります、で終わってしまいます。ぎりぎりとはそういう意味です。)

すなわち、市場の状況、これまでの売主様とのお取引経験、売主様会社の性格・考え方、価格推移(値下げをしたか)等々…を鑑み、ぎりぎりと見込まれる金額よりも高めで申込み、まず売主様の反応(リアクション)を見ます。

そして、2回目の申込みで、ぎりぎり最大限の値引きをとらえた一点で指値をかけます。

また、一般に値引きが難しいと言われる下記のようなケース、
(1)誰もが認める希少物件(需要が多く供給が少ない)
(2)ご案内・お問い合せの多い人気物件
(3)値下げしたばかりの物件
(4)会社の方針(値下げはしても値引きはしない)

上記のような場合も、20万円でも10万円でも…、金額が無理ならオプション商品(網戸・カーテンレール等)でも…と、ぎりぎり最大限の値引きを目指すことに変わりはありません。
売主様は心のどこかに万一のリスク・不安を持っているものです。
お客様になり代わり、強い意志を持って、あきらめずに交渉致します。
ページの先頭へ